鍼が皮膚に入っていく時はどのようになっていますか?痛くないのですか?

はり治療に使われる鍼の太さは0.2ミリ前後でヒトの髪の毛と同じです。鍼管という筒に鍼を入れて皮膚の上に立ててトントンと軽く叩くように皮膚に入れていきます。

鍼が皮膚に入る瞬間を「切皮」といい、この時まれに痛みを感じることがあります。皮膚の表面には痛みを感じるセンサーがたくさんありどんなに細い鍼であってもこのセンサーに触れるからです。

当院では、痛いと感じる値以下になるように素早くかつ柔らかに「切皮」を行うのでほとんど無痛です。

鍼のサイズや方法でも調節可能ですので、痛みが苦手な方は遠慮なくお申し付けください。

友だち追加

お友だち登録がお済みでない方は「友だち追加」に、登録がお済みの方は「LINEトーク」に移動します

前の記事

鍼が合わない人もいる?