子供もはり治療できますか

サッカー、マラソン、野球、柔道、剣道など、スポーツ傷害のお子様も多く通われています。
体が未発達の中、練習のやりすぎ・オーバーユースの子も多いです。
はりを使用しない治療も選べます。
またはりを使用する場合は本数を体に合わせて少なくします。

友だち追加

前の記事

感染症が心配です